俺ん家オンプレ!

俺ん家オンプレ! 〜今だからサーバを建てる! 1.導入編〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今だからサーバを建てる! 1.導入編

現在では、クラウドサービスやレンタルホストサービスが安価に提供されるようになったからか、自宅にサーバを建てる猛者も少なくなっている気がします。
一方で、現在手に入るパソコンは以前のデータセンター並みの性能のものが安価に購入できます。
今だからこそサーバを建て、インターネットに公開してみましょう。
学べることがきっとあると思います。

方針など

公開用サーバ(ゲストOS)は、サーバマシン(ホストOS)上に仮想マシンとして動作させます。
仮想マシン(ゲストOS)はサーバマシン(ホストOS)上のファイルですから、公開用サーバのバックアップはファイルのバックアップで済みます。
また、もしサーバマシンが壊れてしまったときに、他のマシンの仮想マシン環境で、バックアップしてある公開用サーバをすぐに仮動作させることができます。
サーバマシンは、ゆっくり落ち着いて、普段メンテナンスできない部分も点検、補修してから復旧することができます。

サーバマシンのOS(ホストOS)

サーバマシンには、Ubuntu16.04LTSを使用します。
情報が多いことと、デスクトップとしての使い勝手が良いためです。
また、LTS版であればサポートが長いので、サーバに最適です。

公開用マシンのOS(ゲストOS)

公開用マシン、家庭内マシンにはCentOS7.1を使用します。
こちらも情報が多いことと、RedHatがベースになっていることもあって、信頼性やセキュリティに強いためです。(CentOS7は賛否両論ありますが…)

ハードウェア(パソコン)

サーバマシンのハードウェアは、最新のものでなくても大丈夫です。
ubuntuの動作環境はCPU Pentium4以上、メモリ1GB以上ということになっていますが、Core2Duo(Celeron含む)以上、メモリ8GB以上あれば快適に動作するでしょう。
24時間通電なので、電気を食わない、故障しない というのも大事なポイントです。
当社のマシンはCPU Cerelon G550、メモリ 16GBですが、とても快適で消費電力も少ないです。
(PAE対応のものでしか動作しません。Pentium M/Cerelon M + 855GMEなどでは動作しません)
電源は効率もですが、安定性、安全性も大切です。少なくとも、製造元がはっきりしているものを使いましょう。Nipron社のものなどを使うと安心です。
HDDは1TBもあれば十分でしょう。サーバなのでRAID(1または5、6)を組むのが一般的ですが、障害時復旧の面倒さや電力消費を考えると、仮想マシンのバックアップをこまめにとることを前提に、1台のHDDで運用しても大丈夫だと思っています。
むしろ、バックアップ用のHDDをUSB HDD BoxのRAID1が組めるものにHDDを2本入れたほうが安全かもしれません。

ハードウェアの要求

デバイス 最低限 これ以上なら安心
CPU Pentium4 (PAE対応) Core2Duo以上
CPUファン CPU付属のもの CPU付属のもの
メモリ 1GB 8GB以上
電源 最低限製造元がわかるもの
実際の消費電力 x 2
国産やメーカが高評価なもの
できるだけ高効率なもの
HDD 500GB程度 1TB以上
余裕があればRAID1(2台)
ケース 放熱が考慮されたもの HDD専用ファンがあるもの
マザーボード 市販されているものなら大丈夫 電源回路が強化されているもの
バックアップ用 USB HDD Box RAID1のUSB HDD

(ノートPCはHDD放熱に難があるので、24時間通電には向かないようです。
メーカ製のパソコンでも大丈夫です。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

コメントを残す

*