デビ庵

デビ庵 〜インストール後〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〜インストール後〜

アップデート

レポジトリの編集

ソフトウェアアップデートは、リポジトリの更新情報をもとにアップデートされます。
レポジトリは、CD/DVDでインストールするとDVDなどのローカルメディアからのみ更新されるように設定されていたりします。

インターネットに接続された環境で、最新のアップデートがされるようリポジトリを編集します。

設定ファイルは
/etc/apt/sources.list
にあります。
下記のようにCD/DVDをコメントアウトし、ネットワークからのレポジトリのコメントを外しましょう。

#deb cdrom:[Official Debian GNU/Linux Live 9.4.0 gnome 2018-03-10T11:40]/ stretch main
#deb cdrom:[Official Debian GNU/Linux Live 9.4.0 gnome 2018-03-10T11:40]/ stretch main
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch main
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch main
deb http://security.debian.org/debian-security stretch/updates main
deb-src http://security.debian.org/debian-security stretch/updates main
#stretch-updates, previously known as 'volatile'
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch-updates main
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch-updates main

cdromのリポジトリをコメントアウトし、インターネットからのリポジトリ、サードパーティのレポジトリのコメントアウトを外します。

アップデート

お約束のアップデートを行います。

# apt-get update
# apt-get upgrade

再起動します。

# reboot

IPアドレス(IPv4)を固定する

サーバ運用等する場合は、IPアドレスを固定した方が便利です。
IPアドレスを下記に固定してみましょう。

  • IPアドレス(IPv4) : 192.168.0.1
  • ネットマスク : 255.255.255.0
  • ゲートウェイ : 192.168.0.100
  • ネットワークアドレス : 192.168.0.0
  • ブロードキャストアドレス : 192.168.0.255
  • DNS : 192.168.0.3

DHCP割当アドレスの確認

インストール直後はDHCPでIPアドレスが割当てられています。
DHCPで割り当てられているIPアドレスを確認してみましょう。

以下のコマンドで確認できます。(rootで実行します)

# ifconfig -a

以下表示例です。
ネットワークアダプタ(この例では enp0s5)の

inet 192.168.0.99 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.0.255

がIPv4のIPアドレス、ネットマスク、ブロードキャスト。

inet6 2408:221:67c0:e100:b00:21ff:fea7:6d2

がIPv6のアドレス。

ether 05:00:21:a7:86:d2

がMACアドレスです。

IPアドレス(IPv4)の固定設定

下記のファイルを編集します。
/etc/network/interfaces

各項目を設定します。

# The primary network interface
#allow-hotplug enp0s5
auto enp0s5
#iface enp0s5 inet dhcp     # DHCPの設定をコメントアウト
# This is an autoconfigured IPv6 interface
iface enp0s3 inet static    # 固定アドレスに設定
address 192.168.0.1         # IPv4アドレス
network 192.168.0.0         # ネットマスク
netmask 255.255.255.0       # ネットマスク
broadcast 192.168.0.255     # ブロードキャスト
gateway 192.168.0.100       # ゲートウェイ
dns-nameserver 192.168.0.3 # DNS

DNSの設定

/etc/resolv.conf を設定します。

domain ドメイン.aaa
nameserver 192.168.0.3
nameserver xxx.xxx.xxx.xxx  # DNSが複数ある場合

設定を有効にする

PCを再起動、またはネットワークを再起動します。

# systemctl restart networking

sshで接続して設定している場合は、接続が切断され、次回接続時は固定設定されたIPアドレスになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

コメントを残す

*