インストール

デビ庵 〜Devianのインストール(CUI)〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Devianのインストール(CUI編)

Debianの入手

Debianを入手しましょう。

Debian JP Projectのサイトには今後お世話になりますので、まずはサイトをよく読みましょう。

https://www.debian.or.jp/

[ダウンロード]よりインストーラISOファイルをダウンロードします。
イマドキなPC(core2以降かな)では、[PC/サーバー用DVDイメージ (64ビット)]を選択すればよいでしょう。
執筆時点での最新版ISOファイルはver.9.4.0です。
http://cdimage.debian.or.jp/current/amd64/iso-dvd/debian-9.4.0-amd64-DVD-1.iso

インストールメディアの作成

DVDメディアに記録するか、USBメモリを使用するのが便利でしょう。

DVDインストールメディアを作成する

作成のためのPC(母艦”ぼかん”と呼ぶことが多いです)がWINDOWSであればExplorer、Linuxであればddコマンド等でメディアを作成します。

USBメモリインストールメディアの作成

サーバではDVD/BDドライブがないことも多いでしょう。
USBメモリからのインストールが便利です。
USBからのブートメディアとしても利用できます。

WINDOWSの場合

ツールはいろいろありますが、Linux Live USB Creatorを使ってみてはいかがでしょうか。

Linuxの場合

ddコマンドで作成できます。rootで作業します。
USBメモリはfat32フォーマットのままで大丈夫です。

USBメモリを刺し、dmesgコマンドでUSBメモリのデバイス割当を確認します。
仮に /dev/sdc1に割り当てられていたとすると、下記にてUSBのブートメディアが作成できます。

# dd if=debian-9.4.0-amd64-DVD-1.iso of=/dev/sdc1 bs=1048576

インストール開始

インストールメディアから起動するよう、UEFI/BIOSを設定しておきます。

今回は、PCにdebianのみインストールする場合を説明します。
(WINODWSとのデュアルブートは別途説明します)

サーバ運用する場合は、インストール中にsshを選択するとリモート接続できて便利です。

起動すると以下の画面になります。

Graphical InstallではGUIでのインストールになり、InstallではCUIでのインストールになります。
選択をマウスで行うかキー入力するかの違いだけで、設定、インストール結果は同じです。

今回は、CUIでインストールしてみます。
Installを選び、[Enter]を押します。

インストール時の言語の選択。
日本語を選ぶと、インストール中の表示が日本語表示になります。
「日本語」を選択して[Enter]を押します。

表示の言語、タイムゾーンの選択。
日本語を選ぶと、CUIで使用(SSHでリモートログインした場合など)も日本語表示になります。
また、時計が日本時間になります。
「日本語」を選択して[Enter]を押します。

キーボードを選択します。
日本語キーボードの場合は「日本語」を選択します。

ホスト名を入力します。
ドメイン名はつけないようにします。

ドメイン名を入力します。
ホスト名はつけないようにします。

rootのパスワードを設定します。
同じパスワードを2回入力します。

ユーザのフルネームを設定します。
アカウント名ではありません。

アカウント名を設定します。
ここで設定したアカウント名でログインします。

パスワードを設定します。2回入力します。

ディスクパーティショニングの方法の設定をします。
初めての場合は「ガイド – ディスク全体を使う」を選ぶと良いでしょう。
LVMを使用したい場合はLVMをセットアップするを選択します。
持ち運ぶPCの場合は暗号化しても良いですが、HDD(SSD)が壊れて起動しなくなった場合などデータ取り出しが困難になります。

選択肢次に進みます。
この操作でHDD(SSD)の中身が消去されます。(実際はパーティションが切り直されます)

パーティション(ディスクのスライス)の設定をします。
PCにdebianのみインストールする場合は、/home,/var,/tmpを分割しておく良いでしょう。起動しなくなった場合でも/homeのデータを復旧できる可能性が高くなります。
デュアルブートやバーチャルマシン(VirtualBox等)の場合は1つのパーティションで良いです。

 

決定し次に進みます。

[いいえ]を選び[Enter]を押します。

インターネットに繋がって(DHCPで)いる場合は[はい]を選択します。
まだ繋がっていない場合(Wi-Fiなど)は[いいえ]を選びます。

利用状況をdebianプロジェクト(開発元)に送っても良いかという質問です。
アプリケーションの利用状況を調査し、どのアプリケーションをパッケージに優先的に入れるか決めるために使われるようです。
個人情報については、debianプロジェクトにについては信頼して良いでしょう。
協力するかどうか決め、選択してください。

インストールするアプリケーションを選びます。
GUIで使用する場合はGNOME,Xfce,KDE,Cinnamon,MATE,LXDEのいずれかを選択します。初心者にはGNOMEかKDEがオススメですが、好みで決めれば良いと思います。
軽いのはXfceです。
サーバ用途の場合は、ここでsshを選択しておきましょう。(後でもインストールできます)

ブートローダをインストールします。
[はい]を選択します。

最初のHDD(SSD)を選択します。
複数HDD接続がある場合は、/dev/sda , sdb… とありますが、/dev/sdaを選択します。
UEFIの場合は警告が出る場合がりますが、HDD(SSD)の先頭にインストールします。

インストール完了です。
インストールメディアを取り外して[続ける]を選択すると再起動します。
BIOS/UEFI設定で、/dev/sda(最初のHDD)から起動するように設定してください。。

再起動後の最初の画面です。
今後、電源ON時はこの画面が表示されます。
[Debian GNU/Linux]を選択すればdebianが起動します。
選択しないで数秒経つと自動的にdebianが起動します。

GUIをインストールしない場合はCUIで起動します。
起動画面になります。
GUIをインストールすると、GUIのログイン画面が現れます。

login:には設定した[アカウント名]を入力してください。
次にパスワードを入力するとログインできます。

以上でインストールは完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告

コメントを残す

*