KVM 〜インストール〜

バーチャルマシンにKVMを使用してみましょう。
これを使えば、ORACLEの有料化に怯えることはありません!!

前提条件

ホストマシンは以下のものとします。

  • ubuntu 18.04 server
  • GUIが使用できること
    インストール後に apt-get install ubuntu-desktop
  • 固定IPアドレスが割り振られていること
    ここでは仮に 192.168.1.100

ブリッジの設定

bridge-utilsをインストールします。

# apt-get install bridge-utils

netplanの設定

# vim /etc/netplan/01-network-manager-all.yaml

デフォルトでは以下になっています。(Server版の場合)

# This file describes the network interfaces available on your system
# For more information, see netplan(5).
network:
  version: 2
  renderer: networkd
  ethernets:
    enp3s1:
      dhcp4: yes
      dhcp6: yes

( enp3s1 の部分はマシンによって変わります。)

以下のようにします。

# Let NetworkManager manage all devices on this system
network:
  version: 2
  renderer: networkd
  ethernets:
    ens3s1:
      dhcp4: no
      dhcp6: no

  bridges:
    br0:
      interfaces: [ens3s1]
      dhcp4: no
      addresses: [192.168.0.10/24]
      gateway4: 192.168.0.1
      nameservers:
        addresses: [192.168.0.37]
      parameters:
        stp: false
      dhcp6: no

virtio準仮想化ドライバドライバをロードしてオーバーヘッドを小さくします。
vhost-net を有効にします。

# vim /etc/modules

最終行に追記

vhost_net

netplan変更を有効化します。

# netplan apply

KVMインストール

KVM関連パッケージをインストールします。

# apt-get install qemu-kvm libvirt-bin virtinst bridge-utils libosinfo-bin libguestfs-tools virt-top virt-manager qemu-system

ここで一旦再起動します。
再起動しないと、KVM起動時にエラーが出ることがあります。

起動してみる

KVMを実行するユーザになります。
スーパユーザでなくて構いません。

$ virt-manager

または、「アクティビティ」にvirt-managerと入力し、「仮想マシンマネージャ」を起動します。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください