KVM 〜ゲストOSをインストール〜

isoファイルの準備

まず、インストールするOSのisoファイルをダウンロードしておきます。
LinuxでもWINDOWSでもインストールできます。
ここでは、debianをインストールしてみましょう。

isoファイルは、Linuxディストリビューション紹介ページからどうぞ。

OSインストール

KVMを実行するユーザでログインます。
スーパユーザでなくて構いません。

「アクティビティ」にvirt-managerと入力し、「仮想マシンマネージャ」を起動します。
またはターミナルからコマンドを実行します。

$ virt-manager

起動すると仮想マシンマネージャが起動します。
[ファイル] → [新しいファイル]を選びます。

新しい仮想マシンウィンドが開きます。
ローカルのインストールメディア を選び、[進む]を押します。

isoイメージを選択します。[進む]を押します。

メモリとCPU数を設定します。[進む]を押します。

HDDサイズを設定します。[進む]を押します。

ネットワークの選択は
「共有デバイス名を設定」
ブリッジ名 : 「br0」
を入力します。
これにより、LAN内どこからでも1台のマシンとして見えるようになります。
[完了]を押すとインストールを開始します。

続きは、debianのインストールページをご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください