デビ庵 〜メールサーバ 1〜

メールサーバにはpostfix/dovecotを使用します。
(debian標準はexim4ですが、今回はpostfixで…)

メールサーバはインターネットに公開すると簡単に踏み台にされます。
SMTP-AUTHの設定がされ、十分テストした後にインターネットに公開するようにしてください。

動作テストは、設定ごとに都度LAN内で行います。
設定が終わるまでは、ルータの25/583は開放しないでください。

postfixのインストール

postfixをインストールします。
メールサーバ踏み台防止(不正中継防止)のために、pop/imapサーバのDovecotのSASL機能を使用しますので、一緒に sasl2-bin, dovecotもインストールします。

# apt-get install postfix dovecot-core dovecot-pop3d dovecot-imapd sasl2-bin

途中、以下のメッセージが出ます。

あなたの用途に合ったメールサーバ設定形式を選んでください。

設定なし:
現在の設定をそのままにしたいときに選びます。
インターネットサイト:
メールは SMTP を使って直接送受信されます。
スマートホスト付きインターネット:
メールは SMTP を使って直接、あるいは fetchmail のようなユーティリティ
を実行して受信されます。送出メールはスマートホストを使って送信されます。
サテライトシステム:
すべてのメールは配送用の「スマートホスト」と呼ばれる別のマシンに送られ
ます。
ローカルのみ:

                                   <了解>
[Tab] で [了解] を選び [Enter]
メール設定の一般形式:

    設定なし
    インターネットサイト
    スマートホスト付きインターネット
    サテライトシステム 
    ローカルのみ

         <了解>           <取消>
[インターネットサイト]を選び、[了解][Enter]
"メール名" はドメイン名が指定されていないときに「すべての」メールアドレ
スを "修飾" するのに使われるドメイン名です。これは <root> への/からのメ
ールを含みます: root@example.org で受け付けるようになっていない限り、
root@example.org からのメールをあなたのマシンから送出しないようにしてく
ださい。

この名前はほかのプログラムによっても使われます。これは、メールがそこから
送出されることになる単一の完全修飾ドメイン名 (FQDN) にすべきです。

そのため、たとえばローカルホストのメールアドレスが foo@example.org なら
 、example.org がここでの適切な値となります。

システムメール名:

 junkparts.net___________________________________________
                <了解>                      <取消>

ドメイン名を入力して[了解][Enter]

設定ファイルをコピーします。オリジナルの設定ファイルは別名で保存しておきましょう。

# cd /etc/postfix
# cp main.cf main.cf.org

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください